HOME > スタッド溶接工法 > かべきんスタッド
 

かべきんスタッド

新時代を支える耐震技術 かべきんスタッド

鉄骨・鉄筋コンクリート構造の建物をしっかり補強。

作業現場 「かべきんスタッド」は、ダイヘンアークスタッド溶接により簡単に溶接施工が行える異形鉄筋で、鉄骨・鉄筋コンクリート構造の建造物の耐震壁の強化に威力を発揮します。
より強固な耐震性の維持と合理化にお役立てください。

工法の特長

耐震性の向上

あらゆる溶接姿勢に対して優れた溶接結果が得られ、
鉄骨と鉄筋コンクリートとの一体化により耐震性の向上を図ります。

簡単な工程管理

柱および梁の配筋完了後、「かべきんスタッド」を鉄骨へ直接溶接できるため、
鉄筋工事の工程管理が簡単に行えます。

短期施工・コストダウン

柱・梁への配筋後に鉄骨へ補助部材を使用せず、「かべきんスタッド」を瞬時に溶接できるため、
短期施工とコストダウンが図れます。

ページトップへ