HOME > スタッド溶接材料 > 異形スタッド
 

異形スタッド

異形スタッド

異形スタッド(D13〜D25)

異形スタッドは、道路橋の伸縮継手、鋼床版橋の壁高欄、建築物基礎杭頭接合、耐震壁、柱のアンカープレート等の接合鉄筋として広く使用されております。鉄筋コンクリート用棒鋼 JIS G 3112 に規定されている SD295A,B 及び SD345 等は溶接性に大きく影響する炭素量の規定がないか、あるいはあっても非常に高い値となっており、溶接材料としては不適当であります。
当社は、異形スタッド用棒鋼の材質についてミルメーカーと鋼材の化学成分、機械的性質について協定仕様を定め、溶接性の良い鋼材の供給を受けております。

異形スタッド各種 使用現場

適用分野

  • JFE-DS400D(KDS400D):
    橋梁向 鋼伸縮継手のアンカーバー、壁高欄、中央分離帯等の鉄筋(D25のみ)
  • JFE-DS490D(KDS490D):
    杭頭スタッド工法、ダイヘンスタッドアンカー工法、スカッドロック工法、耐震壁、ケーソン 等

機械的性質

銅種 対応規格 機械的性質
降伏点 (N/mm²) 引張強さ (N/mm²) 伸び (%)
JFE-DS400D NSD400 ※1 235以上 400〜550 20以上
JFE-DS490D SD345 345〜440 490以上 20以上
※1. 構造物施工管理要領(東日本高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/西日本高速道路株式会社)「2-5-3 伸縮装置」においてアンカーバーの鉄筋を対象にD25のサイズのみが使用されており、材質として、NSD400 が以下のように規定されています。
NSD400 : 異型棒鋼、ただし、化学成分、機械的性質は「2-3-4 アークスタットジベル溶接」に準じる。「2-3-4」ではスタッドジベルの機械的性質および化学成分は、JIS B 1198 「頭付きスタッド」によりものとする。となっています。
当社の JFE-DS400D は、この NSD400 の規定を満足するものです。

化学成分

銅種 化学成分(%)
C Si Mn P S
JFE-DS400D 0.20以下 0.15〜0.35 0.30〜0.90 0.040以下 0.040以下
JFE-DS490D 0.20以下 0.15〜0.35 0.30〜0.90 0.040以下 0.040以下
ページトップへ