HOME > 会社概要 > 沿革
 

沿革

我が国におけるスタッド溶接の歴史は、昭和12年(1937年)に(株)ダイヘンが、国内初のスタッド溶接機を開発したのが始まりといわれております。
以来、当社は溶接機器、スタッド材料、溶接技術の研究・開発に加えて、スタッド溶接施工作業者の教育に力を注ぎ、これらを総合した優れたスタッド溶接技術をご提供することを通じて、建築・土木・造船・原子力などの広い分野で、高いご評価をいただいてまいりました。
平成8年(1996年)には、最新鋭設備を備えた松戸工場が完成、一段と総合力を高め、お客様の信頼におこたえしております。

1937年(昭和12年) (株)ダイヘンが国内初のスタッド溶接機を開発
1956年(昭和31年) (株)ダイヘンが英国クロンブトン・パーキンソン社とスタッド溶接法に関して
技術提携
1974年(昭和49年) スタッド溶接の専門会社としてダイヘンスタッド(株)が(株)ダイヘンより分離・独立
1975年(昭和50年) 本社を大阪市淀川区西中島におく
1994年(平成6年) 本社を大阪市北区南森町に移転
1996年(平成8年) 千葉県松戸市に松戸工場竣工
1997年(平成9年) 松戸工場JIS認定取得(頭付スタッド)
2002年(平成14年) 本社を大阪府摂津市に移転
2004年(平成16年) ISO14001認証取得
2007年(平成19年) 本社を兵庫県神戸市東灘区に移転
2016年(平成28年) ISO9001:2015 認証取得
ページトップへ