HOME > 事業紹介 > 溶接原理
 

溶接原理

スタッド溶接の原理と溶接方法

 アークスタッド溶接機の原理を、通常の手動アーク溶接の原理と比較して考えてみますと、手動アーク溶接では、溶接棒を保持器にはさみ、母材に瞬間接触させてアークを発生させますが、スタッド溶接の場合はこの溶接棒がスタッドに、保持器が溶接ガンに相当します。
 スタッド溶接では、最初母材に接触させたスタッドを、制御装置の働きで自動的に引き上げてアークを発生させ、所定の時間電流を流し、溶融池が形成されたところでスタッドを母材に圧入し、短時間(軸径19mmで約1秒程度)で溶接する機構になっています。

スタッド溶接の原理と溶接方法

  • 1. 溶接しようとするスタッドを溶接ガンのチャックに挿入し、母材に接触させます。
  • 2. スタッドが引き上げられ、フェルール(セラミック)と呼ばれる磁器製の筒の中でアークが
       発生します。
  • 3. 一定時間アークが発生し、すばやくスタッドを母材の溶融池に突っ込んで溶接が完了します。
  • 4. フェルールを除去します。スタッドの端面は全体で溶着し、周囲はカラー(フラッシュ)で覆われます。
ページトップへ